2008/04/24

「ちんちんフェチ」ケーススタディ 真由美(後)


駅から4~5分歩いたところのホテルに二人は入った。
部屋に入り、ちょっとした緊迫感に包まれたまま、
「え~と、それじゃ、ぼく、どうしたらいいかな。」
「そうですね。そしたらズボンを脱いでみてください。」
「シャワーはいいの?」
「シャワーはダメ。先にシャワーを浴びちゃったら、ありのままじゃなくなっちゃうから。
あっ、パンツは私が下ろしてもいいですか?」
と言いながらパンツの裾に手をかけた。真由美は案外冷静な表情をしている。
「やっぱりね。こういう感じだと思ってた。」
「何でわかるの?」
「よくわからないんだけど、喋り方かな。」
「喋り方? 鼻の大きさとかじゃないんだ?」
「あれは全然うそよ。」と言いながら左右上下、
いろんな角度から調べるようにソレを見ている。そしてやさしく持ち上げたりしている。
上のポロシャツと靴下を履いたままでのこの格好は、さすがに恥ずかしい。
「すみません、訊いてもいいですか?」と真由美。
「え、何を?」
「あの、ひとりHはよくする方ですか?」
「ああ、うん。まあ、するよ。」
「どのくらい?」
真由美の目は観察を熱心に続けている。
「週に2~3回かな。」
こんな質問と観察がしばらく続いた。自分のアレは平常時のままだったが、
ときどきフクロの下の方をかる~く撫ぜられたときに、軽く反応してしまった。
「ここが感じるんですか?」
「普段はそんなことないんだけど。。」
このときから、真由美の顔が変わってきたような気がした。
目が少しとろんとして、なぜか最初の地味な感じはしなくて、
どちらかというと妖艶な人の部類に入る気がする。
おかしい。髪も小さくまとまっていたはずなのに、なぜか逆立ってきたような、そんな変化を感じる。
彼女は生唾をひとつ飲んでから、言った。
「大きくなってきましたね。」
「これ見て興奮しますか?」
「はい、まあ。」
「どこに興奮するんですか?」
「こんな風に反応したり、変化してくる過程かな。」
「ぼくのどうですか?」
「正直、好きなタイプです。でも誰のも好きなんで、あまり好き嫌いで見てないかもしれないです。」
「どこが好きなんでしたっけ?」
「こうして目の前で触りながら、あらためて思うのは、この竿の部分の、なんていうの、
男の人の力こぶみたいな硬さ? ん、なんか筋肉とは思えないこの硬さに対して、この先のシリコンみたいな
感触のやわらかさ。この組み合わせがなんともセクシーなのよね。
うまく言えないけど、女の人に入るときに力強くてカチカチでありながら、
先端をちゃんとやわらかくしている、
優しさというか、ほんとの男らしさというか、それを感じると堪らない気持ちになるの。」
彼女の左手は相変わらず自分の唇を触る癖があり、
右手は親指と人差し指はぼくのを静かに丹念に触りながら話をしていた。
さらに気持ちが高揚してきているようだ。風俗でローションつけてゴール目指してゴシゴシ仕事するのとは正反対。
ついに先端から透明な液体が出てきた。
彼女は先端に鼻を近づけ、匂いをかいだ。
「やっぱ匂う?」
「うん。パンツを下ろしたときから匂いはしたけど。」
「臭い?どんな匂い?」
「臭くないよ。オトコの匂いだよ。他に言いようがない。」
「匂いも好きなの?」
「匂いは大事よ。男の人だって下着の匂い、よく嗅ぎたがるじゃない?」
真由美は目を閉じて、先端に表面張力のように溜まった液体をベロですくって、
そのまま亀頭全体に塗るように何度も舐めて伸ばした。
この時点ですでに100%の勃起が30分は続いている状況だろう。
しかし真由美はピストン運動のような動作は決してしなかった。
ただただ丹念に愛すようにやさしく撫ぜ続けた。
「真由美さんも脱いでくれないんですか?」
「それはダメ。だってそうすると大抵の男はセックスに持ち込もうとするでしょ?」
ときおり、手全体で竿をにぎり、にぎる強さを小指から人差し指へとウェーブするような動きをすると、
ピクンピクンと反応してしまう。腰も動かさずに入られなくなる。
「もうイキたい?」
「うん、だいぶ前から。」
真由美は(かわいい)とでも呟きそうな表情で微笑んだ。カフェで会ったあの真由美とは完全に別人である。
そこから出そうで出ないギリギリの状態が20分ぐらいだろうか、続いた。
イキたくて堪らないのだがピストンの動きがないと出ないものだ。
「私、この状態がいちばん好きかも。先がこんなに真っ赤になって、ほら、こんなに大きく張っちゃって。」
真由美の目はうるうるして、息もかなり荒くなっているのがわかる。興奮しているのだ。
きっと下半身も充分濡れていることだろう。
そして、やさしくゆっくりとピストンの動きに入った。触れるか触れないかぐらい優しくにぎり、
まさしく腫れ物に触るかのようにゆっくりとした動き。本当に風俗とは真逆だ。こんなのは初めてだ。
その途端に急にこみ上げてきて、射精に至った。
なんどもそこは痙攣し、普段の2~3倍の量が自分の腹や胸の上に飛び散った。
真由美はその一部始終をほんの一瞬も逃さないように見つめていた。
「イッちゃったね。」
「ああ。」
「気持ちよかったでしょう? …一緒におふろ、入ろっか!」
「え?いいの。」
「うん。」
二人でゆっくり湯船に浸かった。
真由美は喫茶店での地味な彼女とも違う、さっきのベッドの上での妖艶な彼女とも違う、
恋人というか友達というか、いちばん素直な彼女になっている気がする。
彼女はよく喋り、いままでのような緊張感がまったくない日常よくある会話。唇に触る癖もでない。
彼女は自分の趣味を満足させてもらったお礼に、
コトの後に裸を全部見せておふろに入ることにしている、と言う。
控えめな体つきだが、肌はかなりきめ細かくて綺麗だった。
部屋に戻って二人とも服を着ると、喫茶店で見たあの地味な真由美にすっかり戻っている。
「今日は楽しかったです。どうもありがとうございました。私、先に出ますね。」
「こちらこそ、ほんとに。。」
その後に続けて「また、いつか会ってもらえますか?」と聞きたいところだったが、
なんとなく聞けない、元の空気に戻っていた。
たぶん彼女は、次の新しいサンプルを得ることに向けて、
もう歩き始めているような、そんな感じで部屋から出て行った。そして少し遅れてドアが静かに閉まった。

2 件のコメント:

みづエロス さんのコメント...

女から見て男性器って、すごく神秘的で不思議で
なんだかうらやましい存在です。
真由美さんのようにコレクションしたい気持ち、
分かる気がします。

弱変態な面々 さんのコメント...

コメントありがとうございます。
アイツはよく「ムスコ」って呼ばれてます。
別人格です。
暴れたり、怖気づいたり、言うことをきかなかったりします。
たとえば5人の男がいると、結局10人の男がいることになります。
???
何の話をしたいか、わからなくなりました、みづエロさん。